シアリスは通販でも人気が高いですが、その中で「c100」という刻印を謳うサイトがあれば気を付けましょう。偽物です。

EDの症状や原因

EDになるメカニズム

さまざまな病気・症状が私たちを悩ませていますが、その中でも男性が特に恐れている病気・症状のひとつと言えるのが「ED(勃起不全)」でしょう。

外部から性的刺激を受けたとき、自然とペニスが勃起しますよね。

これは興奮によって血液の流れが活発になり、ペニス内部にある海綿体に血液が浸透しているからです。

海綿体はスポンジ状になっているため、血液が浸透すると大きく膨張します。

それによってペニス全体も大きく硬く勃起するのです。

しかし、PDE5という物質によって血流が阻害されてしまうことで海綿体に充分な血液が流れなくなってしまい、それによって勃起できなくなってしまうのです。

これがEDなのですが、EDの症状を「ペニスがまったく勃起しなくなってしまう状態」だと思っている人が大勢います。

しかし、正確に言えばこれは間違いです。

「ペニスが勃起するまでにふだんよりも時間がかかってしまう」、もしくは「勃起したものの、挿入中に自分の意思とは関係なく萎えて小さくなってしまう」などといった症状もEDに含まれます。

つまりEDとは、「ペニスの勃起機能が正常に働かなくなり、満足に性行為ができない状態全般」を言うのです。

しかし、多くの人が一度でも勃起すればEDではないと思い込んでしまっているため、症状によっては自覚していないケースもよくあるのです。

ただ、その日のコンディションによってもうまく勃起できるかどうかは左右されますので、1度こうした症状が出たからといってEDだと判断するのは早計です。

日を跨いで性行為を試みたものの、3回以上似た現象が起きてうまくできなかった場合はEDである可能性が高いと言えるでしょう。

EDになってしまうのには原因があります。

もちろん男性自身にとっては突然起きたことのようにも思えますが、何かしらの原因によって起こっていることをまず自覚しましょう。

さて、EDとなる原因についてですが、EDには「器質性ED」と「心因性ED」があり、このどちらのEDなのかによって原因も異なります。

簡単に言えば、肉体的な問題からEDが起こっているのか、精神的な問題からEDが起こっているかです。

どちらを原因としているかによっても改善方法に違いがありますので、まずは自分のEDがどちらなのか、原因はなんなのかを知ることが大事です。

EDの原因①:器質性EDの場合

不規則な生活が原因

まず器質性EDについて説明していきましょう。

器質性EDは肉体的な問題が原因となって起こってしまうEDのことです。

例えば、冒頭で「ペニスに充分な血液が流れなくなることでEDになってしまう」と説明しましたが、動脈硬化などによって血流が悪化してペニスに充分な血液が行き届かなくなってしまった場合。

これも立派な器質性EDです。

また、その他にも外科手術によって血管が損傷してしまったことによる血管障害や、事故などで神経を損傷してしまったことによる神経障害、テストステロンなどの男性ホルモン低下によるものもすべて器質性EDになります。

特に加齢や不規則な生活習慣からくる血管障害や、飲酒・喫煙などによる男性ホルモン低下が原因となって器質性EDを引き起こすケースが多いので注意しておきましょう。

EDの原因②:心因性EDの場合

職場でのストレス

次に説明するのが心因性EDです。

こちらは精神的な緊張や不安などが原因で起こるEDとなっています。

例えば、職場で仕事に対する不安や、対人関係に悩みを抱えている場合。

また、性行為に対する緊張や不安はもちろん、過去のトラウマがフラッシュバックすることでも心因性EDにつながる可能性があります。

どんな精神的不安が原因となるかはわかりませんが、誰にでも起こりうるEDの原因となっているので注意しましょう。

特に心因性EDに頭を抱えているのが若年層の男性たちです。

大学を卒業し、社会人としての生活を始めた矢先、仕事に対するプレッシャーや上司や顧客との対人関係などの壁に当たる人は多いです。

こうした仕事での精神的な疲れ・ストレスが心因性EDを引き起こしてしまうケースが多いのです。

ED改善には治療薬

EDを治療するためには

混合性の可能性を指摘する医者

今紹介した器質性EDと心因性EDを原因としている男性は多いのですが、この他にも混合性EDや薬剤性EDも確認されています。

混合性EDとは、肉体的な問題と精神的な問題が重なってEDになってしまうケースで、器質性EDと心因性EDの両方が同時に起こってしまっている場合です。

薬剤性EDとは、ふだん服用している医薬品による副作用などが原因でEDになってしまった場合です。

現代病として問題となっているうつ病や不眠症ですが、これらの病状は抗うつ薬や睡眠薬を服用することでそれぞれ改善可能です。

しかし、うつ病や不眠症の改善には効果を発揮したとしても、その副作用として薬剤性EDを引き起こしてしまう可能性があるのです。

まさかふだん常用している医薬品が原因でEDになっているとは想像もしない男性が多く、「たまたま調子が悪いだけだ」と自覚しないケースが多いので注意しましょう。

このように、EDとなってしまう原因はさまざまです。

何を原因としてEDになったかさえわかっていれば、それに見合った改善方法でEDを治療することができます。

しかし、生活習慣の改善や生活環境の変化など、どれもそう簡単に改善できる方法ではありません。

そこで、より早くEDを改善させるために便利なのがED治療薬を服用することなのです。

現在日本ではバイアグラ、レビトラ、シアリスの3種類がメインで使用されており、ED治療をおこなっているクリニックからもこのうちのどれかを処方されることになります。

どのED治療薬を使うことになっても正しく服用できるよう、それぞれの特徴をしっかり把握しておきましょう。

バイアグラとは

バイアグラ50mg

バイアグラは世界で初めて承認されたED治療薬として有名で、男性はもちろん、女性であってもこの名前を聞いたことはあるかと思います。

大手製薬会社であるファイザー社が開発したED治療薬で、その知名度はもちろん、ED治療の効果も申し分なしとなっています。

シルデナフィルを主成分としたED治療薬なのですが、最初からED治療薬として開発されたわけではありません。

元々は狭心症や心筋梗塞の治療などに用いる血管拡張剤として開発されたのが始まりです。

血管を拡張させることでペニスに充分な血液が流れるようになり、ED改善の効果が発見されたのです。

これをきっかけにバイアグラはED治療薬として一気に名を轟かせることになり、EDに悩まされていた男性たちにとって心強い味方となったのです。

バイアグラは全体的に高い勃起力が特徴的で、勃起時の大きさや硬さ、持続力に悩みを抱えている男性には特にオススメでしょう。

日本でももちろんよく愛用されているED治療薬となっています。

参考サイト:バイアグラの効果・副作用|お薬なび

レビトラとは

レビトラ20mg

レビトラはバイアグラの次に世界で承認されたED治療薬になります。

バイエル社が開発・販売しているED治療薬であり、こちらはバルデナフィルという成分を主成分としています。

先ほどのバイアグラに含まれているシルデナフィルもそうなのですが、これらの有効成分はPDE5を抑制するはたらきを持っています。

EDとなってしまう原因は過剰に生成されたPDE5によって血液の流れが阻害されてしまい、それによってペニスに充分な量の血液が行き届かなくなってしまうことです。

つまり、このPDE5のはたらきを抑制することによって、再びペニスへ血液が流れる状態に戻すことができるのです。

シルデナフィルやバルデナフィルはPDE5のはたらきを阻害する効果があるため、再び勃起できる状態に戻すことができるのです。

また、バイアグラは高い勃起力が特徴的でしたが、レビトラの場合は他のED治療薬にはない即効性を大きな特徴としています。

バイアグラは服用してから1時間ほどしなければ最大限に効果を発揮できないのに対し、レビトラの場合は服用してから30分程度、早い人であれば20分かからずに効果を発揮させることができます。

ED治療薬は持続性との兼ね合いから服用するタイミングをしっかり見計らわなければいけませんが、即効性に優れたレビトラであれば、性行為をするとなった直前に服用してもすぐに効果を発揮させることができるのです。

神経質に服用タイミングを考えたくない男性にはオススメのED治療薬となっています。

シアリスとは

シアリス20mg

シアリスはバイアグラ、レビトラに引き続き、3番目に承認されたED治療薬です。

現在日本でED治療薬として認められているのはこの3種類であり、3大ED治療薬とも呼ばれています。

シアリスが誕生してからすでに100カ国以上で愛用されており、シアリスを使ってED治療をおこなっているED患者は世界全体で1,000万人を超えていると言われています。

シアリスはタダラフィルという有効成分を含んだED治療薬なのですが、このタダラフィルはED治療以外にも肺動脈性肺高血圧症や前立腺肥大症による排尿障害の治療にも活躍してくれます。

肺動脈性肺高血圧症にはアドシルカ、排尿障害にはザルディアという医薬品が使用されており、どれもこのタダラフィルを主成分としています。

これまでED治療薬といえばバイアグラが一般的でしたし、シェア率もバイアグラが圧倒的でした。

しかし、シアリスが登場してからというもの、シアリスの人気はどんどん急上昇し、2013年にはバイアグラを抜いてナンバーワンのシェア率を誇るED治療薬となったのです。

シアリスがこうして人気を高めていったのには大きな理由があります。

それが、他のED治療薬ではマネできないほど圧倒的に長い効果持続時間なのです。

このようなことから、数あるED治療薬の中でもシアリスがとても人気になっています。

人気の治療薬シアリスとは

シアリスの効果

シアリスの効果とは?

レビトラの紹介をした際、バイアグラとレビトラにはPDE5を阻害するはたらきがあると説明しました。

これに関してはシアリスも同じ効果を持っています。

そもそも勃起をするということ、そしてEDになってしまう原因について説明していきましょう。

男性が外部から性的刺激を受けると、脳にある中枢神経と呼ばれる部分が反応し、全身に一酸化窒素を送ります。

それによって血液の流れが活発になり、ふだん以上に血液が全身へ行き渡ることになります。

このとき、もちろんペニスにもふだん以上の血液が流れ込むのですが、それによってペニス内部にある海綿体と呼ばれる部分に血液が大量に浸透することになります。

海綿体はスポンジ状をしていますので、血液が流れ込めばその分膨張し、大きくなるのです。

ペニスの内部の大半はこの海綿体が占めているため、海綿体が膨張すれば自然とペニス全体も大きくなりますし、硬くなります。

これが勃起と呼ばれている現象です。

ただ、この状態で終わってしまえば、性欲を満たし、興奮が鎮まった状態でもペニスは勃起したままになってしまいます。

そこで、PDE5という物質が生成され、一酸化窒素を阻害し、ペニスに流れる血液の量を抑制して勃起状態を解除してくれるのです。

そのため、本来であればこのPDE5は男性にとってなくてはならない存在なのですが、これが日頃から過剰に生成されてしまうと大問題です。

性的刺激を受けて血液の流れが活発になったとしても、ペニスに充分な量が流れなくなってしまうのです。

勃起する条件は先ほども紹介したように、ペニスに充分な血液が流れ込み、それによって海綿体が膨張することです。

ですが、ペニスに流れ込む血液の量が減ってしまえば、いくら性的刺激を受けても勃起できなくなってしまいます。

これがEDと呼ばれる症状です。

そこでシアリスなどのED治療薬が活躍します。

それぞれの有効成分がこのPDE5のはたらきを抑制し、再びペニスに血液が流れる状態に戻してくれるのです。

PDE5が過剰に生成されなくなれば、再び性的刺激を受けることで一酸化窒素が発生し、ペニスにまた血液が流れるようになるのです。

ただし、ED治療薬がしてくれるのはここまでです。

あくまで勃起できる状態に戻すまでがED治療薬の役目であり、ED治療薬を服用したからといって自然に勃起するような興奮作用は含まれていません。

ED治療薬が媚薬のような効果を持っていると勘違いしている人も多少なりいるのですが、それは大きな間違いですので正しい知識を持っておきましょう。

シアリスを服用する際の注意点

シアリス服用の注意点を説明する医者

どんな医薬品であれ、私たちを悩ませている病気や症状を治療するために開発されています。

ウイルスなのか、はたまた別の何かなのか、症状を引き起こしている原因は病気によって違いますが、どんな医薬品でもその原因に対して効果的な有効成分が含まれています。

この有効成分が私たちの健康に大きく貢献してくれていることは確かなのですが、それだけ強力な効果を発揮するということは、その一方で副作用などの悪影響を招く可能性もあるということです。

例えば、私たちがよくかかる病気として有名な風邪。

内科や耳鼻咽喉科に行けばすぐ診察してくれますし、必要であれば簡単な治療も施してくれます。

そして、治療が終われば、最後に自宅で服用するための風邪薬を処方してもらえますよね。

風邪の原因となっているウイルスに対しての殺菌作用があり、これによって風邪の症状を抑えることができます。

しかし、処方してもらうとき、「服用後は眠気が来るかもしれませんので気をつけてください」と忠告されたことはありませんか?

これも風邪薬を服用することによって起こりうる副作用のひとつです。

風邪薬を服用したことによる眠気は副作用としてかなり軽度なモノですが、もし運転前や高所での作業前に服用してしまうと、眠気に襲われて事故やトラブルの原因となってしまう危険もあります。

このように、医薬品を正しく服用していたとしても軽度な副作用が生じる可能性はありますし、どんな軽度な副作用でもそれによって危険な目に遭うことだってあるかもしれません。

そのため、どんな医薬品でも服用する際は副作用の有無を確認し、実際にどんな副作用が起こりうるのかをしっかり理解しておきましょう。

シアリスに関してもそれは同じです。

ED治療薬も立派な医薬品のひとつですので、服用することで副作用が起こる可能性は充分にあります。

正しく使用さえしていれば軽度な副作用で済むことがほとんどですが、万が一の場合に備えてシアリスの副作用に関してもしっかり把握したうえで服用するようにしましょう。

シアリスを手に入れるために

シアリスを入手するには

医者による処方箋

副作用の心配があるとはいえ、それはすべての医薬品において同じことです。

シアリスは正しく服用さえすれば、副作用が出たとしても気にするほどの症状ではなく、自然に治まっていくでしょう。

そんな些細なデメリットよりも、EDを改善できるという大きなメリットに目を向けてみましょう。

シアリスはバイアグラやレビトラと同じように、EDに対して非常に優秀な効果を発揮してくれます。

今までEDに頭を抱えていた男性でも、シアリスを服用すれば今までの悩みがウソのようにペニスは勃起してくれるはずです。

では、そんなシアリスを入手するためにはどうすればいいのでしょうか。

一般的に医薬品を入手したい場合、薬局などで市販の医薬品を購入するか、医療機関から医薬品を処方してもらうかになると思います。

しかし、その中でも処方箋医薬品に指定されている医薬品を購入したい場合、医師が出す処方箋がなければ購入することはできません。

薬局で処方箋医薬品を購入することはできないのです。

シアリスも医療機関からでしか処方してもらえない医薬品となっていますので、シアリスを購入したい場合は必ずED治療を専門としておこなっている医療機関へ相談するようにしましょう。

しかし、それも少し前までの話です。

現在は個人輸入代行サイトという医薬品専用の通販サイトが登場しており、処方箋医薬品に指定されている医薬品でも個人で簡単にネット注文できるようになっているのです。

医療機関からシアリスを処方してもらうのか、個人輸入代行サイトを使って個人でシアリスを注文するのか、それぞれにメリットとデメリットがありますので、正しく理解したうえでみなさんに合った方法でシアリスを入手してみてください。

医療機関から処方してもらう場合のメリット・デメリット

病院で処方してもらう場合のメリットを説明する医者

今まで処方箋医薬品を入手したい場合、医療機関へ通院し、診察や検査、治療を受けたうえで処方してもらうというのが一般的でした。

もちろん今でも医薬品を入手する方法として医療機関への通院はお馴染みで、日本人にとっては今さら疑問に感じることでもないでしょう。

医療機関から医薬品を処方してもらう場合、メリットとデメリットがあります。

まずメリットからですが、これはなんといっても安全性。

人間の病気に関してプロフェッショナルである医師が診察や検査、治療までおこなってくれますので、安心してその身を任せることができるでしょう。

処方される医薬品もその医師が適切だと判断したモノを処方してくれますので、安心して服用することができます。

用法用量や副作用に関する説明も同時に受けることができますので、みなさんがそれさえ守れば安心安全に病気・症状を治療できるでしょう。

一方、医療機関から医薬品を処方してもらう場合のデメリットもあります。

一番大きなデメリットとなるのが、治療にかかる総合的な費用です。

医療機関へ行けば診察、検査、治療、そして医薬品の処方と、すべてを専門家である医師に任さえることができます。

しかし、これらはボランティアでしてくれるわけではなく、何をするにしても費用が発生してしまいます。

また、ED治療薬は医療機関から処方してもらうことができますが、各医療機関が自由に値段を設定できるうえ、保険適用外ということからみなさんが全額負担しなければいけず、その出費は結構な額になってしまいます。

診察費などの費用と合わせると、1回の通院だけでみなさんの経済的な負担は大きくなってしまうのです。

その他にも、必ず通院しなければいけないことから多忙な人は気軽にシアリスを購入できない点や、医療機関に通っている姿を知人に目撃されてしまえば、一発でEDだということがバレてしまう点にも注意しましょう。

個人輸入代行サイトで購入する場合のメリット

個人輸入代行サイトで注文する男

では、個人輸入代行サイトを使ってシアリスを購入した場合、どんなメリットがあるのでしょうか。

まず個人輸入代行サイトを利用して最も感じられるメリットとしては、医薬品購入にかかる費用が処方時よりも大幅に節約できる点でしょう。

個人輸入代行サイト、つまり通販サービスを使って医薬品をネット注文できるということは、医療機関へ通院する必要がなくなるということです。

医療機関から処方してもらう際のデメリットとして紹介していた費用面に関して、個人輸入代行サイトを利用すれば丸々解決することができるのです。

診察費などの費用が発生しなくなり、注文する医薬品の料金と送料しか払わなくて済むのです。

サイトによっては送料も無料としてくれているため、うまく利用するサイトを選べばさらに節約して医薬品を購入できますよ。

また、ネット上で注文手続きをおこなうことができ、注文した商品は自宅に届けてもらえることから、みなさんが自分で動いて医薬品を購入する必要がないのです。

個人輸入代行サイトはスマホからでもアクセスできますし、もちろんスマホから注文することもできます。

注文にかかる時間は数分で済みますので、この方法なら忙しい人でも気軽にシアリスを購入できるのです。

他にもネット注文ということから匿名性が高いですし、みなさん自身が注文する商品を選べることから確実に欲しい医薬品を購入できるというメリットもありますよ。

ネット上で販売されている偽造品には要注意

偽造品への注意を促す医者

個人輸入代行サイトが登場したおかげで、私たちは気軽に医薬品をネット注文できるようになりました。

今まで医療機関に通わなければ入手できなかったような医薬品であっても、個人輸入代行サイトを使えば簡単に目当ての医薬品を購入できるのです。

私たちにとってたいへん便利な通販サービスではあるのですが、利用時には注意しなければいけないことがあります。

実際にネット上で個人輸入代行サイトを検索していただくとわかるのですが、その数は非常に多いのです。

個人輸入代行サイトを開設している業者の数は多く、その数だけサイトもあるのです。

ですが、そのすべてが信頼できる優良業者というわけではありません。

中には偽造品の販売をおこなっている悪徳業者が混じっている可能性があるので注意してください。

悪徳業者が販売している偽造品は、一見正規品と見分けがつかないようにできているのですが、含まれている成分やその含有量は正規品とまったく違います。

そのため、その医薬品本来の効果を発揮することはおろか、身体にさまざまな悪影響を及ぼす危険まで出てくるのです。

個人輸入代行サイトの利用はまだまだ世間的に浸透しているとは言い切れず、この通販サービスのことを知らない人も大勢いるでしょう。

中には詳しく調べもせずに医薬品をネット注文する人がいるかもしれません。

そういった隙を狙い、悪徳業者は危険な偽造品を販売しているのです。

これで騙されない!

シアリスの偽造品とは

本物のシアリス

シアリスの偽造品販売もすでに数多く報告されています。

知っている人からすれば意外と簡単に見分けがつくのですが、知らない人からすれば何が正規品と違うのかわからない可能性が高いです。

そのため、シアリスを個人輸入代行サイトで購入する場合は、シアリスそのものに関する知識を持っておくと同時に、どんな偽造品がネット上で出回っているのかも知っておきましょう。

シアリスの偽造品として特に最近問題となっているのが、錠剤に「C50」もしくは「C100」という刻印がされているものです。

「シアリス50mg錠」「シアリス100mg錠」と書いて販売しているのも同じです。

シアリスについて詳しく知らない人の場合、これを見ただけでは何がおかしいのかわからないかもしれません。

バイアグラの場合、50mg錠や100mg錠が販売されていますし、シアリスに関してもこれは特に問題なさそうに思えます。

ですが、気をつけてください。

シアリスの正規品は5mg錠、10mg錠、20mg錠の3種類しかなく、50mg錠や100mg錠なんていうものは存在していてはいけないのです。

200mg錠と書かれたシアリスの販売もネット上で確認されていますが、これももちろん偽造品です。

実際、こうした偽造品をネット上で購入して服用してしまった男性が、痙攣や意識障害を起こしたという事件が起こっています。

幸いこの男性は命に別状はありませんでしたが、必ずしも助かる保証はありませんし、場合によってはもっとひどい症状が出てしまう危険もあるので、必ず偽造品の区別はできるようにしておきましょう。

信頼できる個人輸入代行サイトを選ぼう

思い通りに購入できて満足な男

個人輸入代行サイトではさまざまな医薬品が販売されており、ふだん利用しているような通販感覚で簡単に好きな医薬品を注文することができます。

しかし、今説明したように、ネット上には正規品を装った偽造品も流出しています。

そのため、利用するにしても安易に手を出すのではなく、正規品か偽造品かの判断をできるようにしておくべきでしょう。

とはいえ、個人輸入代行サイトで販売されている医薬品の種類は非常に多く、シアリス以外の医薬品に関しても偽造品を把握しておくというのはさすがに無理があります。

そこで、誤って偽造品を購入してしまわないためにも、医薬品を販売している個人輸入代行サイトそのものの選び方をきちんと理解しておくようにしましょう。

個人輸入代行サイトの数は多く、簡単に検索しただけではいくつものサイトが出てくると思います。

しかし、今紹介したように悪徳業者が混じっている可能性もあり、すべてが信頼して利用できる優良業者というわけではありません。

そこで、この中から優良業者をきちんと選んで利用できるよう、その判断基準をしっかり知っておきましょう。

例えば、個人輸入代行サイト内で販売されている医薬品の価格。

スーパーなどで食材を購入する場合などであれば、割引セールや激安という文字に弱い人も多いでしょう。

また、欲しい品が複数の店舗で販売されている場合、より安く販売している店舗を利用して購入している人が多いでしょう。

個人輸入代行サイトに関しても同じで、サイトによって同じ医薬品でも販売価格に違いがあります。

もちろんより安い価格で販売しているサイトを利用することになると思いますが、個人輸入代行サイトの場合はただ安ければいいというわけではありません。

他のサイトと比較し、あまりに安すぎる場合、それは逆に偽造品などの危険なモノな可能性もあるのです。

優良業者かどうかを判断する基準は他にもたくさんあります。

問い合わせセンターなどのユーザーサポートが整っているかどうかや、会社の所在地や連絡先がきちんと明記されているかどうかなども重要なポイントになっています。

また、サイト内に記載されている情報から優良業者かどうかを判断するだけではなく、ときには口コミやレビューを見てみるのもオススメです。

実際に個人輸入代行サイトを利用して医薬品を購入した経験のあるユーザーたちが、そのときの使用感を基に感想や評価をたくさん書き込んでいます。

評価が高いサイトであれば、もちろんそれだけ信頼できるサイトだということが言えるでしょう。

また、口コミ件数が多いサイトも、それだけ多くの人から利用されているサイトということで信頼できるはずです。

このように、信頼できるサイトかどうかを判断する基準はいくつかありますので、悪質な被害に巻き込まれないよう、まずは慎重に個人輸入代行サイトを選んでみてください。

最初は医療機関から

医薬品をどう処方するか考える医者

個人輸入代行サイトが登場したおかげで、私たちは病気や症状に適した医薬品を個人で簡単に購入できるようになりました。

しかし、ネット上で医薬品を注文するということは、すべてみなさんの判断に委ねられるということになります。

今説明した個人輸入代行サイトの選び方にしてもそうです。

みなさんがどのサイトを利用するのかを、自身の判断で選ばなければいけないのです。

そして、それはどの医薬品を購入するかにおいても同じことが言えるでしょう。

いきなり個人輸入代行サイトを使って医薬品を購入するとなれば、無数にある医薬品の中からみなさんの判断で適した医薬品を選ばなければいけないのです。

もちろんネット上でいろいろ情報を調べ、自身の症状に適した医薬品を探すというのもいいでしょう。

ただ、安全性を重視するのであれば、最初の1回は医療機関から処方してもらうことをオススメします。

専門家である医師が処方した医薬品なら確実にみなさんの症状に合ったものですし、それ以降は同じ医薬品を個人輸入代行サイトで注文してしまえば安心安全かつ低負担で治療を進めることができるのです。

おすすめの記事

飲むタイミングを気にしなくて良いシアリス

使い勝手がいい

シアリスは飲むタイミングを気にしなくてもいい、とても使い勝手の良いED治療薬です。

副作用が起こってしまった男

副作用が少ない医薬品

シアリスのメリットはいくつかありますが、その中で副作用が少ないという点も人気の理由になっています。

タダシップ

経済的な負担も軽減!

通販を利用する事で価格の安いシアリスのジェネリックを購入する事ができ、ED改善の大きな助けとなります。

男女間のシリアスな状況

正しい呼び方で覚えよう

薬の名前はややこしいものも多いです。シアリスもその1つで、表記や語感が似ている「シリアス」と良く間違えられます。