TOP > 使い勝手がいい

シアリスは飲むタイミングを気にしなくてもいい、とても使い勝手の良いED治療薬です。

使い勝手がいい治療薬

飲むタイミングを気にしなくて良いシアリス

現在日本で承認されているED治療薬は、バイアグラ、レビトラ、シアリスの3種類です。

どれも男性のED治療に欠かせない医薬品であり、その効果も世界中から絶賛されています。

ED治療を専門的におこなっているクリニックも数を増やしており、日本でもこれらのED治療薬は簡単に購入できます。

また、冒頭で紹介した個人輸入代行サイトを使えば、ネット上から通販感覚で好きなED治療薬を個人で購入することも可能です。

バイアグラ、レビトラ、シアリスも個人輸入代行サイトを使って簡単に購入することができるのですが、問題はどれを購入してED治療を進めていくかでしょう。

どれも基本的な効果は同じなのですが、それぞれには違った特徴があります。

バイアグラとレビトラに関してはすでに冒頭で簡単に紹介しましたが、シアリスにはどんな特徴があるのでしょうか。

シアリスが他とまったく違う点は、その驚異的な持続時間の長さです。

バイアグラの場合、効果が出始めてからだいたい6時間ほど効き目が持続すると言われています。

一方、レビトラはバイアグラよりも持続時間が長くなっており、10時間前後は効き目が持続してくれるようになっています。

ただし、あくまでもこれは平均的な持続時間であって、実際は個人差がありますので前後する可能性はあります。

では、シアリスの持続時間は一体どれくらいになるのでしょうか。

シアリスの持続時間

持続時間に驚く男

バイアグラは6時間、レビトラは10時間ほどの持続時間となっています。

みなさんはこれを聞いてどう感じたでしょうか。

短いと思いましたか?

長いと思いましたか?

人にもよりますが、おそらく充分すぎる持続時間だと感じた人は多いのではないでしょうか。

服用するタイミングさえバッチリ合わせることができれば、バイアグラなら性行為を始めてから6時間もその効果を持続してくれるのです。

レビトラに至っては10時間となっていますので、まず間違いなく1回の性行為を満足して終えることができるでしょう。

しかし、バイアグラやレビトラの持続時間で満足していてはいけません。

持続時間の長さを売りとしているシアリスの場合、なんと24~36時間という驚異的な持続時間となっているのです。

そんなにも性行為をすることはまずないため、これほどの持続時間は一見不要にも思えます。

ですが、シアリスの持続時間がこれだけで長いということは、極端な話をすれば朝に服用してもその夜はもちろん、長い場合は次の日にも性行為を楽しむことができるということです。

つまり、服用するタイミングをまったく気にすることなく利用できるのです。

こうした特徴を持っていることから、シアリスは海外で「ウィークエンドピル」とも呼ばれています。

ウィークエンドとは週末を意味する単語ですので、簡単に言えば週末を楽しめるED治療薬という意味合いで使われているのです。

服用するタイミング

薬を服用する男

シアリスは効き目の持続時間が他のED治療薬と比べ、圧倒的に長くなっています。

バイアグラを使ってED治療をする場合、性行為をする1時間ほど前に服用しなければいけません。

もし昼間からバイアグラを服用してしまっても、持続時間は6時間となっていることから夜までその効果を保たせることができないのです。

ED治療薬は1日に1回しか服用してはいけず、最低でも24時間以上は時間を空けて服用しなければいけません。

せっかくのバイアグラも服用するタイミングを失敗してしまえば、何の効果もなく終わってしまうのです。

それに引き換え、シアリスであれば早い段階から服用してしまっても問題ありません。

先ほども言ったように、朝に服用したとしてもその日の夜に効果を発揮できるからです。

ただし、必ずしもシアリスを早い段階から服用できるとは限りませんよね。

うっかり服用するのを忘れ、結局性行為をする前になって思い出すこともあると思います。

また、無駄に消費したくないということから、性行為をするだろうというある程度の確信を持ってから服用するという人もいるはずです。

もちろんこういった服用方法でも何ら問題はありません。

しかし、シアリスは効き目が出始めるまでに1~2時間ほどかかってしまう点には注意しましょう。

バイアグラやレビトラよりも即効性に関しては劣っており、若干時間がかかってしまいます。

性行為をする直前に服用しようと考えている場合は、余裕を持って2時間ほど前から服用しておくことをオススメします。

服用時の注意点

服用時の注意点を説明する医者

どんな医薬品にも正しく服用するために用法用量が定められています。

その医薬品の効果を安全かつ正しく発揮させるための服用方法のことです。

シアリスも立派な医薬品のひとつですので、当然用法用量は決められています。

「1日に服用するのは1回まで」などのルールが決められていますで、必ずその通りに服用するようにしましょう。

また、ED治療薬を服用するにあたって注意しなければいけないのは、「食事やアルコールの影響を受けるのかどうか」という点でしょう。

せっかくED治療薬を服用しても、その前後に食事やアルコールの摂取をしてしまうと、有効成分がうまく吸収されなくなって効果が出にくくなることがあるのです。

実際、バイアグラやレビトラは食事・アルコールの影響を受けやすくなっているため、より効果を最大限に発揮させたい場合は空腹時の服用が勧められています。

では、シアリスの場合、食事やアルコールの影響は受けるのでしょうか。

先に結論から言ってしまえば、シアリスは食事やアルコールの影響を受けにくいED治療薬となっています。

そのため、空腹時に服用すべきというわけでもなく、この点に関してはそう深く考える必要はないでしょう。

ただ、いくら影響を受けにくいとはいえ、まったく受けないわけではありません。

食事やアルコールを摂取しすぎてしまうと、いくらシアリスといえど影響を受けてしまいます。

そうなってはせっかくの効果も台無しになってしまいますので、食事やアルコールはほどほどにしておきましょう。

具体的に言うと、シアリスの効果は800キロカロリー以内での食事であれば影響はないとされています。